Macのバックアップにおすすめの外付けHDD・SSD【HDD・SSDの違い、選定基準も合わせて紹介!】




皆さんこんにちわ、コームズです。

みなさんはMacのバックアップ・データ管理ってどうしてますか?

おそらく「Mac内部のストレージのみで済ませている」という方は少ないと思います。

Macのデータには、【iPhone・iPadのバックアップ】など様々なデータが入ってきますもんね。

 

こうなるとMac本体だけでは容量が不足してきませんか?

そこで登場するのが外付けHDD・SSDというわけです。

使用すればデータ容量がUPするだけでなく、

外付けHDD・SSDにMacのバックアップを作成しておけば

大切なMacが何らかの原因で故障した時の保険ともなるわけです。

という事で、今回は「Macのバックアップにおすすめの外付けHDD・SSD」をご紹介します。

そもそもHDD・SSDって何?

疑問

ElisaRiva / Pixabay

両者共にデータを保存するための装置です。(知ってるよっ!て人はスルーでOKです)

ですが、記憶装置としての機構が違います。まずは簡単に機構を含めて説明します。

 

HDDとは?

HDDのイメージ画像

bohed / Pixabay

Hard Disk Drive(ハードディスクドライブ)の略です。

簡単に言うと、レコードの機構みたいな機械です。

名前にディスクって入ってますよね?

このディスク(ブラッタ)を高速回転させて、

磁気ヘッドが動いてデータの読み書きを行う装置です。

SSDとは?

SSDイメージ画像

zathris / Pixabay

Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略です。

これは比較的新しい技術で、物理的に稼働する箇所は無く

半導体メモリのフラッシュメモリに電子移動によるデータの記憶管理を行います。

めちゃくちゃわかり辛いですよねw すいません。

 

簡単に「HDDのように物理的に稼働する所がないから丈夫な物

と理解してもらえばそれでOKです!

 

HDD・SSD それぞれのメリット・デメリット

両者の違いがわかったところで、次はそれぞれのメリット・デメリットを説明します。

HDDのメリット・デメリット

メリット

  • データ容量当たりの単価が安い

 

デメリット

  • 物理的に稼働する箇所があるため、振動等で故障しやすい
  • 駆動音・駆動箇所が原因で、熱が発生した時の冷却ファン作動音がする
  • データの読み書きに時間がかかる

SSDのメリット・デメリット

メリット

  • 物理的に稼働箇所が無いので故障しづらい
  • データの読み書き速度が圧倒的に速い
  • 駆動音は無く・発熱もHDDに比べ少ない

 

デメリット

  • データ容量当たりの単価が高い

SSDは比較的新しい技術の為、今後デメリットの「高価」が解消されていく可能性が高いです

 

MacのHDD・SSD選定時のポイント

HDD・SSDにはどういった違いがあるがなんとなく理解してもらえたでしょうか?

お次はMacの外付けHDD・SSDを選定する際のポイントを2つご紹介します。

ポイント1:フォーマット形式

HDD・SSDにはフォーマットの形式というものが存在します。

フォーマットはWindows・Macそれぞれに最適化した形だと思って下さい。

実際の形はこんなのです

  • Windows:NTFS、exFAT
  • Mac     :HFS+、exFAT

 

基本的にはHFS+、exFATでフォーマットしてあるものがMacで使用できます

 

実は、フォーマットをし直す事もできるんですけど、

なんか「めんどくさそう」でしょ??

私は最初、「めんどくさそう」って思いましたw

という事で、今回は最初からMac用にフォーマットしてあるものを中心にご紹介する事にします!

※「おすすめ品紹介」まだ下にあるので、もう少しお付き合いください。

 

ポイント2:入出力ポートの規格

Macには以下のような入出力ポートの規格があります。

 

  • Thunderbolt :最大10Gb/s
  • USB-TYPE-C :最大10Gb/s
  • USB3.0    :最大5Gb/s

 

左側がポート規格で、右側がデータ転送速度です。

これは転送速度の数字が大きい方が一秒間に送れるデータ量が多いことになるので、

できるだけ速いポートを使用することをおすすめします。

皆さんが持っているMacのポートを確認してみてください。

 

Macにおすすめの外付けHDD・SSDご紹介

HDD・SSD両者の「違い・選定ポイント」をある程度理解していただけたと思いますので、

ココからは本題「MacにおすすめのHDD・SSD」をご紹介させていただきます!

 

HDD編

G-Technology (HGST) G-DRIVE

おすすめポイント

  • HFS+形式フォーマット済み
  • Apple Time Machine対応
  • Thunderboltに対応
  • USB3.0 高速データ転送
  • 最大 136MB/sec(7200回転)
  • スタイリッシュなアルミニウムエンクロージャ
  • ThunderboltまたはUSBバスパワー駆動対応

 

G-Technology (HGST) G-DRIVE slim

おすすめポイント

  • HFS+形式フォーマット済み
  • Apple Time Machine対応
  • USB3.0 高速データ転送
  • データ転送速度 : 最大125MB/sec(7200回転)
  • 軽量でスタイリッシュなアルミ筐体
  • 安心の3年メーカー保証

 

WD HDD Mac用ポータブル HDD 1TB USB3.0

おすすめポイント

  • HFS+形式フォーマット済み
  • Apple Time Machine対応
  • USB3.0 高速データ転送
  • ハードウェアの暗号化によるパスワード保護
  • 安心の3年保証

 

Seagate HDDポータブルハードディスク

おすすめポイント

  • HFS+形式フォーマット済み
  • USB3.0 高速データ転送
  • PCデータを定期的に自動バックアップする『かんたんバックアップソフト』付

 

SSD編

Samsung 500GB T3シリーズ パスワード保護 MU-PT500B/IT

おすすめポイント

  • HFS+形式フォーマット済み
  • 最大 540MB/sec
  • 本体重量51g
  • USB TYPE-C

 

 

コームズまとめ

 

  • フォーマットされているか、入出力ポートの規格は適正かを確認する
  • 予算に余裕があればSSD一択だが、今後安価になる可能性が十分にある
  • HDDは速度はSSDに比べて遅いが、タイムマシンバックアップに使用するなら十分

 

いかがだったでしょうか。

メリットがたくさんあるSSDではありますが、残念ながら現状は高価です。

なので私は今回紹介した「WD HDD Mac用ポータブル HDD 1TB USB3.0」のHDDを使ってます。

Macの「タイムマシンバックアップ」なら、差分バックアップのみだからHDDで十分です。

 

タイムマシンバックアップの方法はこちらの記事でご紹介していますので、

ご興味がある方はこちらを御覧ください。

 

もちろん今回紹介した以外にも、様々なHDD・SSDが存在しますので

皆さんの用途に合わせたものを検討してみてはいかがでしょうか?

最後まで呼んでいただいてありがとうございました。それではまた。

2 件のコメント